部下を育てる

今日も一日、家庭や職場において、自らの“人を育てる”ということにおいての日々の言葉や行動をさりげなく振り返り、自らの家庭や職場の未来をたしかにする自分だからできる具体的な一歩を考える一日としましょう。

秘めることも仕事

今日も一日、家庭や職場の様々な場面において、自分からみた自分ではなく、相手からみた自分の立場(親である、上司である。。)を認識し、「それが職分の9割以上」と心に落とし込み、心から、家族、職場の仲間、そして仕事で関わり合う人たちを愛情深く褒める一日としましょう。

無駄がない

今日も一日、自分のありたい姿の一つとして“無駄がない”という言葉をさらっと心におき、澄み切った青空のような自分をイメージし、丹念・地道に家事やお仕事に励む一日としましょう。

時代が変わっても変わらない理念

今日も一日、自らのお仕事や職場、そして会社において時代の変化があったとしても“変わらない”こととは何かをお互いに話し合いながらふり返り、そこから何を常に大切にすることが大事なのかを明らかにし、共有することを試みる一日としましょう。

責任の前提にある、自らの意志

今日も一日、わが職場・わが社において“責任”という言葉がどのような意味で使われているのかをさらっとふり返りまた、本来の意味に基づいて、“私がしなければいけないこと”ではなく、“私の意志として、するべきこと”に、視点を変え、またお互いに促しあい、さらに、目的意識を高め自発的、自律的な組織であることを目指す一日としましょう。

感謝

今日も一日、この一年の振り返りにおいて、自分がいかに家族、職場の仲間、お客様、取引先に支えられてきたのかを、さらっと再確認し、来年の自分の目標において、“自分がやる”のではなく“自分がやらさせていただく”という感謝の気持ちを、心のなかにそっとおく一日としましょう。

反証可能性

今日も一日、自分自身の思いや考えに、常に“私は間違っているかもしれない”という反証可能性を与え、自らの家庭や職場において、“なぜ議論”が受け入れられる活性化した風土をつくる一日としましょう。

一体化

今日も一日、大空をゆったりと飛ぶ熱気球、飛び交う鳥の声させ聞こえるような静寂の空間、そしてそれをつくりだしている、風と熱気球が”一つ”になっている状態を自らの心のなかでイメージし、そんな熱気球の操縦方法を見習いながら、日々の日常において、自らも常に“一体”であることを、試みる一日としましょう。

サービス品質RATER編

今日も一日、わが職場・わが社における
“人に直接関わっている”様々な活動をふり返り、そこにおける“サービス品質”とはどのような状態なのかを、相手の視線に
立ち、RATERなどのモデルを使いながら評価し、そこから見える、“わが職場、わが社”をあぶり出すことを、さらっと試みる一日としましょう。

信頼の輪

今日も一日、相手に信頼を「要求」するのではなく、まず、自分から相手に自分を預けることから、自分のまわりに、さらに信頼の輪を広める一日としましょう!